消費者金融でキャッシング

消費者金融でキャッシングをする時の注意事項

消費者金融でキャッシングをする時の注意事項

消費者金融でキャッシングするのを怖いと感じてしまうかもしれませんが、使い方によっては本当に助かります。

 

銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者は、低利で資金を調達し、金利、利息を上乗せして貸し出し、その差額サヤで利益を上げています。

 

例えば100万円を年率5%で調達(借り入れ)し、15%で貸し出せば10万円の利益になるのです。

 

現在の世の中は不景気のど真ん中ですね。
銀行などの金融機関は本来企業に貸し出し利益を出すのが本筋ですが、今貸したくても貸せない状況であり、そこで考えたのが個人相手の融資です。

 

銀行などの金融機関は金融庁が怖いので、独自の貸し出しはしていません。
ほとんど保証会社に消費者金融を付けたり、消費者金融を傘下にし(子会社にするなど)たりと、リスクを背負いません。

 

それは仕方ないとしても、個人に50万貸すなんて信じられませんね。それも無担保無保証です。

 

日本人はまじめで素晴らしい人が多いので、借りたら圧倒的にしっかりと返す人が多いのです。

 

消費者金融でのキャッシングは便利ですが、便利すぎて借りすぎが一番怖いです。(俺にだけは言われたくはない・・・。)

 

注意することで一番気をつけたいことは悪徳業者にかかわらないことです。人の弱みに付け込んでだます手口など様々です。(悪徳業者の見分け方)

 

そのほかにも注意事項がありますのでお伝えできたらいいなと思っております。

 

キャッシングと融資の注意

どんなことを把握しておくと、キャッシングや融資を受ける時にスムーズにいくことができるでしょう。

まず、金利がどのくらいの融資を受けるのかは、必ずチェックしておきましょう。
短期のキャッシングは、長期の融資よりも高金利になりやすいと言われています。
リボ払いは、融資金を複数回に分けて時間をかけて返済していくものですが、そうなると結果的に利息が高くなります。
何%の金利でキャッシング融資を受けるかは、申込み前に知っておきましょう。

キャッシングを利用する時には審査は避けて通れませんが、銀行系や信販系の審査は、消費者金融系の審査と比較すると通りにくいと言われています。ですが、審査が簡単なキャッシングほど、金利が高かったり、小口融資しか受けられなかったりしますので、よく確認することがポイントになります。

この頃は、無利息キャッシングという形で最初の一回目だけ優遇したり、特定の条件化で借りやすくすることで、顧客を増やすという会社もあります。
キャンペーン期間中は無利息で融資を行うという金融会社も存在します。
タイミングをはかったり、条件を合わせて無利息キャッシングを使うというのも賢い方法です。

当たり前のことですが、人から借りたお金は、借りた時の約束ごとに基づいて、きちんと返すことです。
多少の不測事態があっても対応できるように、余裕を持って返済プランを立てた上で、貸付条件を確認してキャッシングや融資を利用することが重要です。

キャッシング会社を比較する方法

 

キャッシング会社にはさまざまなものがありますが、キャッシングを利用するにあたって大事なのがキャッシング会社を比較検討することです。
キャッシング会社を比較するときにはどの点に注意したら良いのでしょうか。

 

キャッシング会社選びでは、どの系列の金融会社を比較するかが重要です。
メジャーなキャッシング会社は、キャッシング未経験の人が使うのにぴったりであるといいます。今回がキャッシングの初回だという人には、大手企業のキャッシング商品を利用してみたほうが安心できます。

 

信頼感でいえば比較してみるとやはり銀行系のキャッシング会社が良いでしょう。
銀行系の審査に通らなければ、信販系、消費者金融系とあたっていきましょう。

 

キャッシング会社の比較をするときには、限度額もチェックポイントになります。自分が借りたい金額に合わせて選ぶことが大切です。
系列と、利用限度額とでキャッシングを比較していくと、候補になる金融会社は、自然と数社に減らせることでしょう。

 

候補となるキャッシング会社を上げることができたら、そこから金利を比較しながら絞っていきます。金利は引くい方が望ましいものです。
インターネットの比較サイトを使うことで、金融会社を調べて幾つかピックアップすることが可能です。
金利などが一覧になっていて比較しやすいので、キャッシング会社で迷ったときには利用してみましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ